Entries

今更ながらアマガミ(PSP版)を四周してみたわけだが……

一周目→絢辻ナカヨシエンド・森島ナカヨシエンド・黒沢バッドエンド
二周目→絢辻スキBESTエンド(森島テキタイ落ち)
三周目→森島スキBESTエンド・桜井ナカヨシエンド・桜井スキBESTエンド

○概要
 以下、『アマガミ』を四周目プレイした経過についてお送りします。
 今回は、残り三人(棚町・中多・七咲)を同時に攻略するため、攻略サイトの「複数人同時攻略法」のページを参照しました。まあ要するに、三人のナカヨシエンドを見てからスキBESTエンドを見るということですね。

※以下の記述には、ゲーム版『アマガミ』本編に関する重大なネタバレが含まれています。ご注意ください。


○プレイ時の操作ルール
 攻略ページを存分に活かした手順です。

1. 「6人全員アコガレ昇格チャート」を利用して6人ともアコガレ状態にする
2. 1. から「棚町・中多・七咲」のうち誰か一人の☆を取ったデータを個別にセーブして、それとは別にアコガレ期間のイベントを全スルーして23日めまで過ごしたデータをセーブしたものを用意する
3. 2. の後者から、「ナカヨシ5人同時攻略チャート」を利用して5人の☆を取得する。なお、この時に☆を取得しない(できない)人物は絢辻・桜井・七咲・森島のうち誰かになるのだが、今回は絢辻さんを選択。
浮気(・A・)イクナイ!!
4. 3. から40日めの選択肢により、「七咲を選択」「中多を選択」「棚町を選択」「誰も選択しない」の4通りをこなす
5. 2. の前者から、棚町→七咲→中多の順でスキ√をこなす

・会話イベントは面倒なので攻略情報を見ずに実施。と言うか☆取りたいだけならあまり会話しなくてもいいはずなので、攻略情報に頼らなくても問題無いと判断しました。
・辛い展開になっても泣かない(最重要)



○結果
 まさか、梅原エンドが二種類存在したとは思いませんでした(河原エンドと自宅エンド)。上記操作ルールにおける「誰も選択しない」を選択した結果分かったことですが、芸が細かいというか何というか……。
 また、14日めの美也チェックで、美也に「にぃに……いったいどうしちゃったの?」と言われたのは衝撃でした。……まあ、仕方ないよね
 アコガレ状態で誰の☆も取らないと、31日めに6人からプレゼントを貰います。貰う度に梅原の表情と声が暗くなってくるのが実に笑えるのですが、実はこの部分(梅原部分)はシーン再生モードでは再生できません。なので、何度も見返したい方は、専用のセーブデータを残しておくか、画面を録画しておきましょう。


・棚町薫
 まあアコガレ状態の常なのですが、展開が異様に速いです。いったい何ですか、12日めで「ね、純一。キスしよっか」って。ヒロインになるだけあって外見スペックは高めなのか、梅原に「好きな人はいないんじゃないかな」と返答すると(彼女が)告白されまくるというのが印象的でした。
 ナカヨシ√では、41日めに唐突な三択があるのですが、選択によっては「GAME OVER」になってしまいます(初めて踏んだ時は思わず吹き出しました)。しかし、このゲームにおける「GAME OVER」とは、言い換えれば「攻略対象ヒロイン以外だから終了」という意味なので、「BAD END」のように一概に悪い結果とは言い切れないんですね。つまりこれって実質田中√
田中さんを普通に攻略したい人はTLSSを買いましょう(宣伝)
True Love Story Summer Days, and Yet...True Love Story Summer Days, and Yet...
(2003/07/24)
PlayStation2

商品詳細を見る
きーらきーら(ryの後の田中「お願いっ、あたしと付き合って!」をリピート再生したのは私だけではないはず
 ところでベストカップルコンテストで二人にツッコミを入れた「女の子」ってひょっとして黒沢……?

 一方スキ√では、「母親が再婚するかもしれない」といった現実に揺れ動く娘としての彼女が見られたので良かったです。その一方で、【56,20】でモノマネしてみる棚町とツッコミを入れる橘さんも面白かったですね。そしてエンディングでは、あの伝説の殺し文句が登場しました。

棚町「あたしはね……」
橘「うん」
棚町「アンタの悪いとこ100個は言える……
   でもね、良いとこは101個言える!

(改行ママ。等幅フォント推奨)

そしてまさか、最後に一瞬だけでも橘さんの目が描かれている絵が見られるとは……。

 結論。棚町さんは笑っている時が一番かわいい!


・七咲逢
 ナカヨシ√では、まさか【24,52】でスカートをめくる選択肢を選ぶとBAD ENDになるとは思いませんでした。関係自体はつつがなく進行し(ファラオさんに醤油ラーメンにされたりしたが)、学校の創設祭では橘さんが水泳部のおでんの屋台を手伝うことになります。でもまさか、森島先輩がおでんのちくわを全部食べ尽くしてしまうとは思いませんでした……。
森島先輩マジちくわ大明神!!
 一方スキ√では、橘さんが1年生から「校内にエロ本を隠してそうな奴」と(【13,46】で)言われるほどだと分かりました。そりゃ普段から変態行為ばかりしてるからね、仕方ないよね
そして、この時調子に乗ってアタックしまくっていたら、ポンプ小屋でキスしているところを中多に、七咲ブランコしているところを桜井に見られてしまいました(涙イベント)。別に涙イベントを踏んだのは初めてではない(絢辻さんのご褒美イベントで森島先輩の涙イベントが誘発)のですが、女の子のコメントと橘さんの苦しい言い訳が心にグサグサと来ます。マジレスするとご褒美イベントをこなさないと☆が取れないキャラがいる(棚町・七咲)ので1回は許してもらわないといけないのですが
ちなみに最後には二人で秘湯の温泉に入ってエンドです。なんだか森島先輩並みに斬新な発想ですな。

 どちらの√にも共通して言えることですが、相手が七咲だからなのか、橘さんの変態トークが加速しています。

(【22,48】)
橘「これって何か特別なたまごなの?」
七咲「え?」
橘「はははっ、普段食べているたまごより何だか味が濃厚だったんだよな」
七咲「えっと……それは秘密です」
橘「秘密……もしかして七咲が産んだとか?

とか、

(スキ状態の会話イベント)
橘「そういえば……七咲は高校生になってから水着を盗まれたって言ったよな?」
七咲「あ……は、はい……」
橘「じゃあさ、その水着を……今、僕が着ているといったらどうする?

とかのような通報レベルのものすらあり、七咲逢の懐の深さがうかがえるというものです。

・中多紗江
 プレイしてみれば分かりますが、「紗江ちゃんはかわいいなあ」と笑っていられるのは序盤だけで、後は「紗江ちゃんは良い人だなあ」に気持ちが段々変わっていくことと思います。と言うか、なぜか早い時期からひたむきにアプローチし続ける紗江ちゃんと、なぜかそれを勘ぐったり弱気になったりして一歩引いている橘さんのせいで、ニヤニヤどころかイライラしてくる人もそれなりにいるんじゃないんでしょうか。適当に思いついただけでも、

・あんだけ分かりやすく好意をぶつけてくる紗江ちゃんに橘さん気づいてやれよ
・橘さんも言ってたけど、紗江ちゃんが橘さんを好きになる動機って結局なんだったんだ?
・健気なのは分かるが、あれでよく紗江ちゃんが酷い目に遭っていないものだ……
・いやむしろ橘さんが天誅を食らうべき
・あんだけスキンシップをとっていたみゃーが紗江ちゃんの好意に気づかないはずがないだろJK

などの疑問があり、好き嫌いが分かれそうなキャラと言えそうです。と言うか、幼馴染の梨穂子がほんのり好意を感じさせるのに比べて、知り合ってひと月もしない転校生の紗江がブンブン好意を振りまいてくるのが個人的には苦手ですね。よく言えば「初々しい」、悪く言えば「都合が良すぎる」みたいな。ただ、七咲シナリオも「好きになるにしては動機が薄くない?」などの批判があるぐらいですから、『万人が納得するシナリオ』を書くのは難しいということなんですかね?
 批判は横に置いて、プレイ感想に移りましょう。告白してきた女の子に対し「お試し期間」という衝撃的な言葉を言い放った橘さんですが(如何に恋愛に対して臆病になっていたかが窺える)、その後は割りと順調に進行。アタック時のご褒美イベントで森島先輩と棚町にバッタリ会ってしまうというハプニング(涙イベント)はありましたが、幸いにもテキタイ落ちは無し。デートイベントでホテルに入った時は、つい「はいはい温水プールですよね?」と勘ぐってしまいましたが、実際はスーパー銭湯だった模様。ドクターフィッシュネタとはまた珍しい……。
 ちなみにこの娘の場合、七咲ほどではありませんがうっかり爆弾を破裂させやすいです。と言うか「【18,23】を踏む→【19,22】が自動発生→【19,21】(☆)と【20,22】(爆弾)の二択を迫られる」ため、「ほどほどにイベントを踏んでおいて☆は取らないようにしよう」などと考えていると痛い目に遭います。しかも爆弾が破裂するとテキタイ落ちするため、後半でテキタイ落ちキャラによる妨害イベントが発生します。さすがに何度も見たくはないぜ……


・梅原正吉
 この周では歩くモテ期と化している橘さんですが、梅原はそれでもいつも通りでした。個人的には「嫁は一人いればいいだろ常識的に考えて……(ハーレムは苦手)」と思う方なのですが、その一人すらいない状況ではどうしようもありません。「自分のパラメータを寿司とお笑いと格ゲーに多めに振ってしまったのが梅原」と定義してもおかしくないぐらい、彼の背中には哀愁が漂っています。幸い、アマガミストの中では「まあ梅原の嫁筆頭は伊藤早苗だよね」といった意見が(主に二次創作で)主なのですが、アマガミ2でも発表されない限りは……。
 ちなみに、今回の攻略中で彼が見せた、一番の名言を紹介します。

梅原「今この瞬間、俺のピュアなハートに
生まれた感情……。これをあえて言葉に
するならば……嫉妬、だと思う……」
【44,12】近すぎて見えないのかも……より抜粋



○備考
 以下、上記4キャラ絡み以外の話を。
 とは言っても、【24,39】で「ほ、ほら! 斉藤さんとか」とか言って必死に弁解する塚原先輩かわいいとか、ナカヨシ状態なら桜井の休日デートは何もしなくても自動発生するとか、その梨穂子との遊園地デートで

橘「もしも梨穂子がずっとシャツに張り付いたままだったら……」
桜井「……だったら?」
橘「そのときは……」
桜井「…………」
橘「ちゃんと柔軟剤を使うから……」
桜井「やっぱり元に戻りた~いっ!」

などと漫才しだすこととかぐらいしか話すことはないんですけどね。


 今回はこれまで。次回は遂に例の孔明実妹を攻略する予定です。
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ysrken.blog.fc2.com/tb.php/72-f18adf03

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

YSR

Author:YSR
「YSR」「YSRKEN」「◆YSRKENkO6Y(~2013/08/25)」「◆YSRKEN.ceVZZ(2013/08/26~)」として活動しています。
プログラミングと艦これが趣味です。
プロフ画像はCrystalDiskInfoの水晶雫ちゃんです。
主な創作物についてはhttp://ysrken.blog.fc2.com/blog-entry-76.htmlをご覧ください。

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

QR

総アクセス数

アクセス数

現在の閲覧者数: