Entries

【格付け】最強議論スレの覚書 - アイマスキャラで最強議論してみるとこうなった

※この記事は、「やる夫で学ぶ最強議論」および「全ジャンル主人公最強スレまとめWiki内の基本ルール」を元にして書いています。ミスがあった場合はコメント欄にコメントして教えて下さいお願いします。

○概要
「○○と□□ではどっちが強い?」
 ……たぶん人類史が始まってから延々と繰り返されてきた議論なのでしょうが、それをせめて空想の世界(アニメ・漫画・小説・映画・特撮含む)だけでもハッキリさせようというのが、いわゆる「最強議論スレ」です。

 そのスレでは、公平性を保つため、様々なルールが設けられています。ただ、ルールの都合上、うどんげ>>>>シンジ+エヴァ初号機>>>>闇遊戯>>>>アンパンマン>>>>一方通行になってしまうといった、トーシロには理解不可能なカオス世界になってしまっているのもまた事実です。

 そこで、せめて「どのような考え方をしているか」を紹介することで、最低限スレに参加できる程度の知識を身に付けられるように説明しようかと思います。
(厳密には、主人公・作品・敵役等、議論スレ毎にテンプレが違いますので、あくまで参考程度にしかなりませんが)
☆作品の条件
 大ざっぱに言うと、商業作品ならなんでもOKです。同人作品でも、商業作品とメディアミックス的な意味で繋がりがあるならOKです。ただし、あくまでもフィクションの世界である必要があります(要するにドキュメンタリーや聖書の原典などは不可)。

 関連作品についてですが、「けいおん!」と「けいおん!!」のような普通の続編はもちろん、作品内の時間軸を同じくする場合も一緒くたにして(=設定や描写を流用して)構いません。ただし、「アイドルマスター」と「アイドルマスター2」のように、そもそもの世界が違うパラレルワールド(キャラの年齢とかで明らか)な場合は別作品扱いです。リメイクも駄目ですので、漫画・小説からアニメ化した系の作品は注意が必要です。と言うか主人公版のWiki見たらわた春香さんが2007年版のしか無いじゃないですかーやだー


☆参戦者の条件
 基本的には、1対1のサシで戦います。ただし、やシャナ(灼眼のシャナ)のように付属品が付く場合や、アムロ・レイ(機動戦士ガンダム)のようにロボや軍艦などに乗る場合は、それらを装備した上で戦えます(自分でコントロールできないと駄目ですが)。これが何を意味するかというと、たとえば作中で車に乗ったことがある人は車を「装備」(運転)して戦えます。もちろん、ヒトの範囲を逸脱していないと暴走車には普通勝てません(爆弾とか持ってたら別)ので、その辺の一般人相手なら余裕で勝てますね。え、両方車だったら? そりゃ重さとか速度とか本人の頑丈さとか……。

 戦闘開始時の状態については、それぞれ作品中で成しえた最強の状態で参戦できます。なので、例えばゆの(ひだまりスケッチ)の場合、「自転車に搭乗した状態」や「フライパンを持った状態」や「鉛筆とスケッチブックを手にした状態」などで参戦できます(作中で両方装備した描写はないのでどれか片方を選ぶ)し、嵐山歩鳥(それでも町は廻っている)の場合、「ステンレスのボウルを頭に被り木のまな板を胸に当てて箒の先端に包丁を括りつけた物体(突撃包丁)を所持した姿」で参戦できます(もっと強い状態があるかも)。また、わたしちゃん(人類は衰退しました)のように補助要員(召喚動物や妖精さんなど)が存在する場合、「自分だけ参戦して戦闘開始した後に召喚する」(この場合いくらでも召喚可)か、「あらかじめ召喚 or 招集しておいた状態で参戦して、戦闘はそいつらに任せて自分は戦闘に加わらない」(追加召喚不可)かのどちらかを選べます。これらの規定は、細かいようですが、その参戦者の「大きさ」「攻撃力」「防御力」「素早さ」に大きく影響してきますので忘れないようにしましょう。

 前述の4項目については、具体的にそれについて描写されていないと参戦者の能力として書くことができません。例えば、「こいつは拳銃の弾ぐらいかわせるはずだ!」と思っていたとしても、実際にかわした描写がないと能力として認められません。そして記述されている限りにおいて、最も有利な(最高な)描写を採用できます。例えば、設定資料集には「100mを5秒で走る」と書かれているキャラが、あるシーンでは「走ってる時に転んで鈍足のキャラに追いつかれ」、別のシーンでは「80km/h出している車から逃げ切った」場合、その中でも最速な「80km/hで走れる」という部分を採用することになります。ただし、「ロボがすっ転んで大爆発を起こしたが町は壊滅していない」「一般人が犬に噛まれた時に口からビームを出してビルを破壊した」「一般人が女性キャラからの一言で床からたけのこを生やした」など、明らかに現実では起こっていないと思われる出来事(不条理描写)は、作品内の理屈で「事実」として処理していない限り、能力としてカウントしません。また、「素早さ」の項目については、「100mの距離を一瞬で詰めて回り込めるキャラの攻撃をかわした」などの描写により、どうしても能力が倍々ゲーム化する(作品説明を優先して、現代物理学を無視しても構わない)のでメンドクサイ。

 ……当然ですが、各々は性格を無視して、最も勝てそうな方法を以って全力で戦うものとします


☆戦闘の条件
 戦闘空間は、各々が各々の作品内で成りえた環境において最も都合がいいものを使用できます。例えば、「潜水艦」と「戦闘機」がドンパチする場合、それぞれ「海の中」「空中」にいるとみなします……もうお分かりですね、戦闘場所は誰にとっても都合がいい謎空間です。まあどうせ、地球を割られる等、環境がガラッと変わると最終的に宇宙空間が戦場になるのですが。

 各々はそうした謎空間に突然放り込まれて戦闘開始します。いくら物知りキャラであろうと、お互い、戦闘相手についての情報は一切知らない状態なので注意してください。巨大キャラが有利になり過ぎないように、戦闘開始の両者の距離は、両者の身長の合計分開けます

 なお、長期的な戦いの場合は、食事や睡眠やその他時間的変化による身体の変化(老化など)も考慮することにします。……要するに、寿命勝ちなんてのも(生き残れれば)アリってことですね。

 戦闘には、勝利条件と呼ばれるものはありません。逆に、敗北条件としては唯一、「死ぬ・封印されるなどして戦闘不能状態が(長くても6時間)継続した場合負け」というルールがあります。ロボや軍艦などの場合、パイロットが全滅するかそれ自体が戦闘できないほどに破壊されると負けです。これによって、例えばグリード(鋼の錬金術師)のように強靭な再生能力があったとしても、キング・ブラッドレイ(鋼の錬金術師)との対戦のように延々とボコられ続けてると負け扱いされます。注意しましょう。



○アイドルマスターの世界で最強議論するとこうなった
 ここでは一例として、アニマスで描写されている範囲を以って、アイマス世界における最強キャラを議論してみます。ソースはアニマス全26話分のみであり、リメイク作品扱いされる以上、「アイドルマスター2」「アイドルマスター シャイニーフェスタ」「アイドルマスター ミリオンライブ!」等は無視して考えます。

 まず、前提として、「ごく普通の一般人」は、「武器を持たず殴る蹴る頭突き体当たりなどで攻撃し、防御は普通の哺乳類相当(ただし服は着ている)、何らかの事象に対して0.5秒で反応できる(10m先から20m/sで飛んできたものを認識してかわせるということ)」としておきます。走る際の速度などは、特に記述がない限り統計資料(厚生労働省とか)の平均並みとします。

 すると、おおまかには中学生女子<中学生男子≦高校生女子<高校生男子≦成人女性<成人男性となります(格闘技能などによって多少前後するので描写次第)。要するに、素で戦うと亜美<真美<やよい<美希<春香<冬馬≦律子<赤羽根P<真となるわけです(格闘描写があれば反映して修正できるがアイドルは普通殴り合いしないので難しい)。ビルを破壊したり100mを5秒で走ったりバリアを張れたりする奴がアイマス世界にはいませんので、インフレしまくる心配無しの「まったりした戦闘」(比喩表現)をイメージしてください。

 ただ、「道具使用OK」ルールを取り入れ始めた辺りから怪しくなっていきます。雪歩がシャベルを持てるのはあたり前田のクラッカーですが、春香がドスのような物体を持てると言うと一瞬迷う人がいます。第26話(特別編)で登場した映画『果てしなく仁義ない戦い』(の撮影)で、ドス(のような物体)を春香が持って確かに武器として使っていたので、所持武器として使えるのです。

 同じ理屈で千早は包丁(第4話)か日本刀のような物体(第26話)、響は包丁(第4話)か銛(第26話)か拳銃のような物体(第26話)、貴音は麺棒(第4話)か拳銃のような物体(第19話)か鎖鎌のような物体(第26話)を持てます。もちろん謎空間なので、スウェットスーツ+銛装備の響(第26話)は水中のように姿勢を自由自在に動かすことができます(※水中状態の場合、「水中における深度」とかの3次元的自由度は考慮に入れないものとする)。

 ただし、第15話で亜美真美等が操縦していた各種ロボットや、第26話で亜美真美が持っていたマシンガンが使えるかというと話は別です。あれらはどう見ても空想上の武器(ロボは言うまでもなく、マシンガンも当然実銃ではない)なので、前述の「理不尽描写」に引っ掛かってしまいます。要するにロボは参戦不可、マシンガンはせいぜいエアガン程度の威力までに抑えられてしまいます。一方、「日本刀のような物体」などは、最悪材料が木だったとしても威力にさほど支障がない(尖っていると当然木刀よりは危ないものだし)のでそれほど問題はないのです。

 さて。こうして考えていた時、作品内で最強なのは一体誰になるのでしょうか。まあ普通に考えると「菊地真」になりそうなものです。なにせ第5話で遠泳(1キロほど?)、第8話でSP達と1対1で格闘して勝利(金華ハムを両手持ちしたり皿を投げたりして武器にしていた)、第10話で平均以上の速力(ただし響の方が速い気がする)、第15話で謎のファッションセンス(と言うか趣味)を見せましたから。ただ、そんなことを最強議論スレ民に言うと一笑に付されるでしょう。彼らの論理だとこうなります。

「765プロ最強はサーカスの象(第8話)だ」

 理由は明らかでしょう。標準的なアフリカゾウ(画面より推定)の体重は5.8-7.5t、そして40km/h程度で走ることができます。作品中出てきた自動車で最強なのは「ワゴン in 赤羽根P with 他13人乗りマイクロバス(第3話)」ですが、14人乗りマイクロバスを4000kg、搭乗員の合計体重を560kg+αとしても、重量の時点で象に負けてしまいます。おまけに象に比べれば車の装甲など紙同然なので、突撃した際に死ぬのは間違いなく車の方です。ただ、車は(菊地真を含む)一般人よりは圧倒的に強いことから、Wikiの当該記事では先鋒~副将が全部車という、夢も情もヘッタクリもないことになっています(だいたい体重が重いほうが勝つという不文律から、ワゴンin赤羽根P達(第3話)>ジープinAD(第16話)>乗用車inSP達(第8話)>軽四in律子達(第13話)となります)。



……ここまでダラダラと書いてきましたが、元々最強議論スレはネタスレです。少年ジャンプ式に速度がインフレしたり(光速超えは当たり前になる)、「作中で最高の値を採用」したり(普通は平均値とか妥当なライン探すだろ常考)、車で突撃するのをアリにしたり(大人ってズルい)、真っ当な理屈(柳田理論等)で考えると矛盾しまくりなものもアッサリと受け入れる時点でその感覚はお分かりでしょう。その上で、あくまでスレ内のルールはスレ内だけで使用することを受け入れ、ギャグキャラの性能も大真面目にテンプレにし、場合によっては何百レスも議論しあう。「狂っているという言葉が、ほめ言葉になるような、 そんな世界が素晴らしい」を体現したかのような最強議論スレに、あなたも足を運んではいかがでしょう?

 今日はここまで。まっこまっこりーん


追記:
 最強議論スレ(作品版)アニマスが既に参戦していたので修正。アニマスは「リメイク」に当たるので、そもそもアイマス2とかミリオンライブとかの設定・描写は使えませんでした。でもシャイニーフェスタの場合、ストーリーパートはともかく、収録アニメ部分は使えるんじゃ……?
 もちろん事前チェックを全くしていないわけではなく、Wiki内でもちゃんと検索しましたよ、「アイドルマスター」で。……ご想像通り、「THE IDOLM@STER」で検索しないと出てこなかったのでした。ゼノ版デレマスは前者で出てきたので、てっきりWiki内では「アイドルマスター」表記で統一しているものとばかり思っていました。いやーうっかりうっかり。このミスは仕方がない。

 なお、今回の修正は後半全体に渡るものなので、コメントタグにて過去ログを残してみました。笑いたければ笑え
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ysrken.blog.fc2.com/tb.php/64-cfaa41dd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

YSR

Author:YSR
「YSR」「YSRKEN」「◆YSRKENkO6Y(~2013/08/25)」「◆YSRKEN.ceVZZ(2013/08/26~)」として活動しています。
プログラミングと艦これが趣味です。
プロフ画像はCrystalDiskInfoの水晶雫ちゃんです。
主な創作物についてはhttp://ysrken.blog.fc2.com/blog-entry-76.htmlをご覧ください。

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

QR

総アクセス数

アクセス数

現在の閲覧者数: