Entries

『ハルヒ』本編で出てきたオセロの話

○概要
 AA管理ソフト「おでん」一から書き直しながらアニメを観ていた時のこと(コード書きながらアニメ観る人はきっと多いはず)。復習がてらハルヒを見返していたら、二人でオセロをするシーンが幾つかあることに気が付きました。今回はそれの解説をしようと思います。尚、
  • 「○{黒石側}vs{白石側}」と表記
  • 表示は黒石側を下とする
  • 座標は一般的なf5表示(英字で横座標、数字で縦座標)
  • 着手に関する評価は斜体、最善手は下線で表示

ということで。

○キョンvsみくる
 「涼宮ハルヒの憂鬱 Ⅳ」より。
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│ │ │ │●│ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │●│ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │b3│ │●│ │○│ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │●│●│●│○│○│●│●│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│○│○│●│○│●│○│○│ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │○│●│●│○│ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │○│○│ │○│ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │b8│○│ │ │ │ │ │
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘

 ここでキョンはb8と打ち、その後みくるはb3に打ちました。どこからどう見てもキョンが(角に打たせるため)わざと悪手を打っていますね。だけどみくるは角には打たなかった!
 この盤面をWZebraで解析(24手+26手完全読み)してみると、それぞれ「評価値-15の最悪手(最善手はe3の一石返しで+7)」、「評価値-1の手(最善手は勿論a8で+13)」と出ました。……ま、どう見ても白有利な展開ですが。

○長門vsみくる
 この時気づきましたが、二人がやっているゲームは「オセロ」ではありません。その証拠に、ほら。
「オセロ」と違い、初期配置での白黒が逆
どう見ても色が逆です。本当にありがとうございました。
……まあ、商業でまんまオセロは出せないのかもね。左右or上下逆と考えたらいいのかも。
 で、その後に写った局面がこんな感じ。
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│ │ │ │ │ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │c2│○│●│○│ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │●│●│○│○│ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│●│●│●│●│●│●│ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│●│●│●│●│●│●│●│●│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│○│●│●│●│○│○│○│○│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │●│●│●│●│●│●│●│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│●│●│●│●│●│ │ │ │
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘

 ここでみくるはc2と打ちました。あるブログでは、「長門が譲ったのかはわかりませんが、ここでもみくるは角が取れる状態です。」と書かれていましたが、実は角に打つのは最善手ではなかったりします。
 またまたWZebraで解析してみると、c2とh8(角)はそれぞれ「評価+2の手」「評価値-2の手」で、最善手はa3とブロックを作る手(評価値+32)だそうで。つまり、角に打つぐらいならc2の方がマシなのです!

 ……でもさあ、その後みくるがひっくり返しちまったもんなあ。と言うか長門、そんなに石をバカバカ取りまくるとからしくないじゃないか。それは一般的には悪手なのに。

○古泉vsキョン
 「涼宮ハルヒの憂鬱 Ⅵ」より。
 前述した通りオセロとは初期配置を逆にしてスタート、かと思いきや、普通の初期配置(d5とe4が黒石)からスタートしていた事が判明しました。京アニスタッフ何やってんだよ……。
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│ │ │ │ │ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │●│ │ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │●│○│○│ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │●│●│ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │●│ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │ │ │ │ │
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘

 黒石からスタートして、e6f4c3と打てば上記配置になります。典型的な虎定石進行ですね。ここでキョンはe7に打ちますが、これはWZebraによると悪手(c4が最善手)。古泉もf3と一石返しすればいいのにg4(最悪手)。以下、b2(X打ち!?)c4(最善手)と来て次の図。
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│ │ │ │ │ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │○│ │ │ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │○│ │ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │●│●│●│●│●│ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │●│○│ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │○│ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │○│ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │ │ │ │ │
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘

 WZebraによると「Bent ganglion」(燕定石)進行らしいですが、どうなんでしょう。黒がg4に打っている時点で定石もへったくりも無い気がします。
 以下、時間を持て余しているのか、続けて2局も二人は打っています。以下、その証拠の盤面。
[A]?
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│ │ │●│●│●│●│●│●│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │○│○│ │●│ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │○│○│○│○│●│ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │○│○│○│ │●│ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │○│○│○│○│ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤

[B]黒番
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│●│ │ │ │ │○│●│ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│●│●│●│●│○│○│●│ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│●│ │○│ │○│○│●│○│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│●│○│○│○│○│○│●│○│
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│●│○│○│○│○│○│●│ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│●│ │○│○│○│●│●│ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │○│ │○│ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │ │ │ │○│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘

 [A]は途中図(推測)、[B]は盤面全体が写った場面です。いずれも燕(ryな局面とは別物ですよね? 暇な人達です。
 ちなみにWZebraによると、[B]ではe1かd7が最善手(評価値-12)、b6が最悪手(評価値-28)だそうで。

○おまけ
 『ハルヒ』の有名な同人誌である「ハルヒかわいい」にもオセロネタが出てきています。
「ハルヒかわいい」より引用
 ……ボコボコにされてんじゃねーかwww
 で、これは有名な「9手全滅」だと思っていたのですが、実は存在しない盤面であることが判明しました。詳しくは次の図をご覧ください。
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│ │ │ │ │ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │ │ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │黒│☆│☆│黒│黒│ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │☆│☆│白│ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │白│白│ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │黒│ │白│ │ │ │
├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤
│ │ │ │ │黒│ │ │ │
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘

 端が黒石の場合、そこには確実に黒石が着手されています(返した結果ではない)。数からしてその余りが丁度白石です(端だけが黒石と考えても余らない)ので、手順としては相当限られたものになります。
 実はここで、☆がどんな色であろうと、この手順で打つのは不可能です。「黒が初手でc4に打ててしかもその時点でどちらかが全滅しない」だけで可能性は3通りしか無く(自分で考えてみてください)、しかも次に白石が上記の位置に打てるのは、☆部分が
┌─┬─┐
│○│●│
├─┼─┤
│○│●│
└─┴─┘

となっている場合しかありません(源平碁みたいだな……)。そこからc4・f5と打ったとしても、後は上記の位置に打つことはできませんので、結局は無理となります。

 ……いいんだよ! 長門ハルヒデレが見れたらそれでいんだよ!!!
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://ysrken.blog.fc2.com/tb.php/19-9c6c9571

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

YSR

Author:YSR
「YSR」「YSRKEN」「◆YSRKENkO6Y(~2013/08/25)」「◆YSRKEN.ceVZZ(2013/08/26~)」として活動しています。
プログラミングと艦これが趣味です。
プロフ画像はCrystalDiskInfoの水晶雫ちゃんです。
主な創作物についてはhttp://ysrken.blog.fc2.com/blog-entry-76.htmlをご覧ください。

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード

QR

総アクセス数

アクセス数

現在の閲覧者数: